今あなたがこうして見ているインターネットは全世界のサイトに繋げることができます。 そうなると知らない言語やわからない単語がたくさん出てきますよね? 今回は沢山の言語が飛び交うインターネットの言葉を翻訳する「webサイト翻訳」について紹介したいと思います。

webサイト翻訳を使うとこんなに楽!

こんなに楽! webサイト翻訳の使い方!

ここがイイ! webサイト翻訳のメリット

OH! こんな事まで!? webサイト翻訳でできる色々なコト

「あらゆる言語を翻訳できる!」という売り出しのwebサイト翻訳。 果たしてどこまでの言語を翻訳できるのでしょうか? 他にもwebサイト翻訳にある音声機能などについても紹介します。 これでもう外国語が苦手でもインターネットの世界は怖くありません。

こんな言語まで対応!? ここがスゴいwebサイト翻訳

小学校から英語が必須のカリキュラムとして導入されるようになったものの、誰もが自信を持って英語をスラスラと話せる訳ではありませんよね。また、世界…

Read more »

こんな機能もある! web翻訳サイトの機能

ビジネスやプライベートでどうしても英文を読まなくてはいけないという場合、わざわざ辞書片手に調べなくても今ではweb翻訳サイトを利用することで簡単…

Read more »

上手く使うには? webサイト翻訳を使う上でのテクニック

日本語をほかの国の言語に訳したいときは、できる限り文章を短くすることをおすすめします。それは、長すぎる文章だと正しく訳せる可能性が下がってしまうか…

Read more »

>

webサイト翻訳のメリットとは?

ここがウ~ン…。 webサイト翻訳のデメリット

比喩や細かなニュアンスに弱い

インターネットを閲覧中に、調べたいことが海外のサイトにしかないということもありますよね。もちろん海外のサイトは、その国の言語で書かれているため、その国の言語に精通している人以外は何が書いてあるのかさっぱりわかりません。そんなときに役立つのがwebサイト翻訳です。しかし、この便利なwebサイト翻訳にもデメリットがあります。それは、比喩表現やその国の文化ならではの表現などを翻訳するのに弱いということ。なので、訳された文章表現が本当に表現されているような文章表現と違っているという場合もあるため、翻訳された文章の意味がよくわからないということもあります。手軽に海外の文章を翻訳してくれる便利なweb翻訳サイトにも、そんなデメリットがあることは承知しておきましょう。

日本語を翻訳するときには注意

日本語で書かれた文章を、英語などの海外の文章に翻訳したいとき、誰でも手軽に翻訳できるのがweb翻訳サイトです。語学に堪能でなくても翻訳できるので、使ったことがある方も多いことでしょう。ですが、そんなweb翻訳サイトにもデメリットがあります。日本語は主語を省略しても意味が通じたり、イエスかノーかをあいまいにして表現したりすることもある言語のため、英語などのような必ず主語が入っていたり、イエスかノーかはっきりとした表現を用いる言語に訳す際に誤りが生じやすいのです。そのため、普段違和感もなく使っているような表現であっても、web翻訳サイトで訳すときには主語を必ず用いるなどの注意が必要になってきます。ボタン一つで翻訳できるweb翻訳サイトとはいえ、翻訳する文章の作成には注意が必要で少し手間がかかってしまうというのはデメリットですね。